読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アポジーのアジア夜遊び記

タイ、ミャンマーなど東南アジアでの夜遊びをメインに、観光スポット、レストランや交通などに関する情報もお届けします。

第4回タイ バンコク編 (1) 入国

このたび1月初旬~2月初旬にかけてタイ(バンコク)→ミャンマーヤンゴン)→タイ(パタヤバンコク)とまわって遊んでまいりました。

 

まずは、タイ(バンコク)編です。なぜ第4回かというと今回の訪泰が4回目だからです。1~3回はいずれ記事にします。

 

2017年1月初旬、寒い日本を脱出してタイへ出発です。

午前便スクートで成田を出発。快晴です。

f:id:asianight55555:20170210184006j:plain

f:id:asianight55555:20170210184018j:plain

f:id:asianight55555:20170210184213j:plain

富士山、筑波山伊豆半島。見ればわかるか・・・555。

スクートのキャンペーンで成田、ドンムアン往復スクートビズでおよそ\50,000也。

優先チェックインで長蛇の列をスキップし楽々チェックイン、席も広く、羽根がずっと後ろなので眺めがいいですね。

しかし、飛行中は映画も見れない(見れなくはないけど日本語は1本のみだった)は、現在の飛行位置もわからず(雲がなければ窓際ならなんとなくわかるけど)、とにかく退屈。退屈。退屈。

席は広いといってもレガシーのプレミアムエコノミー並みで、座り心地は劣るので、キャンペーン割引でなければ、今後はちょっとご遠慮願いたいが、他に選択枝が色々あるわけでもないので難しいところ。

 

ほぼ定刻でドンムアン到着。イミグレで40分ほど並ぶ。A1バスはなんとか座れたけど超満員。疲れた。

 

これまでSIMはDTACをチョイスしてきましたが、今回は興味本位でTrueMoveのSIMをゲットしてみました。

キャンペーンで7Days/3.5GBを199Bとのこと、ちょうど6日間しか滞在しないし、ってことで即決。

スマホを渡す前に英語に変えようとすると、「日本語のままでOK。まかせろ!」と店員。

おっ、やるなこいつと感心し待つこと5分。「ダメだ。英語に変えろ」。

ここはタイ。はいはいと笑顔で対応。

 

今回、TrueMoveを延べ20日間ほど使用したが遅いー!

とにかく遅い、バンコクでもパタヤでも遅い。ダウンロードとかByte単位で進捗する遅さ。数十メガのアプリダウンロードをあきらめました。

Webはもっさりだが、何とか使用可能。いらいらするので使用を控えがちだった。

繁忙期のせいか?スマホとの相性?そもそもそんなもんなのか?

f:id:asianight55555:20170210192039j:plain

 パッケージはかわいい!