読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アポジーのアジア夜遊び記

タイ、ミャンマーなど東南アジアでの夜遊びをメインに、観光スポット、レストランや交通などに関する情報もお届けします。

第2回ミャンマー編 (14) 出血のエンペラー嬢

ミンガラーバー!

ヤンゴン最終夜、JJへ行くもいい子が見つからないのでエンペラーへ移動。
こちらも出遅れてしまったためかぱっとしない。
そんな中、1人の嬢と話すとなかなかの器量良しだったのでお持ち帰り。

名前はS。20歳。
連れ出した後もいい子で、やわらない口調で素直な感じがにじみでている。
どうやら、この仕事は3日目らしい。

f:id:asianight55555:20170419201522j:plain

f:id:asianight55555:20170419201527j:plain


早速、戦闘開始。
しかしフェラはNG。「お願いだからフェラは許してください」と懇願しているようだ。
強要しているつもりは毛頭ないのだけどこの低姿勢。いい子ではないか!
それではと今度はキスをしようとすると、こちらも軽くチュとするだけ。
まあ仕方ないかなとそれ以上はしなかった。

そして挿入し突くこと数分して体位を変えようと一旦抜く。
すると、我が愚息が赤く染まっているではないか!
これにはびっくりした。いやいやゴムを着けてて良かった良かった。

ア「生理?」
S「違う」
ア「えっ???」
S「・・・」
S「大丈夫。続けて」

指入れもしてないし、それほど激しく突いたつもりもない。読者は期待したかもしれないけど、残念ながら処女ではない。
Sは続けてと促しているが、この状態で続ける勇気はアポジーにはない。
その旨を伝えると、Sは申し訳なさそうに謝っていた。

そんな状況ではあるけどアポジーの愚息は元気。なのでなくなく手コキとなった。
ところが暫くするとSは自らあれだけ嫌がっていたフェラをはじめた。
それほど上手ではないけど、申し訳ない気持ちが伝わってくるので、こちらも気持ちが高ぶる。
さすがに最後は口の中とはいかなかったが、気持ちよくフィニッシュとなった。
Sはフィニッシュ後も抱き合ってきて、更にはいやいやだったキスも自分からしてくる。おまけに舌まで入れてきた。
事後のディープキスほど気持ち悪いものはないので少々へたれけど。

とんだトラブルがあったが、返って気持ちが通じ合うこととなった。
おまけに顔が映らなければと裸の写真も撮らせてくれた。

f:id:asianight55555:20170419201538j:plain

f:id:asianight55555:20170419201543j:plain

f:id:asianight55555:20170419201806j:plain

帰り際、タクシー代を渡すと足りないだのチップもくれだの。
当然拒否したけど、本当に経験3日目なのかという疑念が沸いた。
まあ信じるが吉かな。