読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アポジーのアジア夜遊び記

タイ、ミャンマーなど東南アジアでの夜遊びをメインに、観光スポット、レストランや交通などに関する情報もお届けします。

第1回マレーシア編 (9) Sun Fong Bak Kut Teh 肉骨茶

スラマッパギ!

マレーシアの名物料理といえば肉骨茶(バクテー)でしょうか。
アポジーは肉骨茶をこれまで食したことがないので興味津々だったのです。
そこで有名店「Sun Fong Bak Kut Teh」へ行ってみました。

場所はブキビンタン駅から徒歩10分とかかりません。

ブキビンタン駅からKLモノレール沿いに南下し坂を下りきったところにある大きな交差点を写真右手へ。

f:id:asianight55555:20170404192735j:plain

右側をしばらく歩くと右へ入れる大きめの通りがあるので、これを曲がり、2つ目の路地を左折するとすぐにあります。
簡単なんで迷うことは無いでしょう。

店内はこんな感じ。

f:id:asianight55555:20170404192854j:plain

f:id:asianight55555:20170404192902j:plain
半オープンスペースとでも言うのでしょうか?
片側は窓も何も無く、いきなり車が止まってます。
円卓が20ほどあって、14:00頃の来店にも関わらず8割がた埋まってました。
さすがは有名店!

おばちゃんがメニューを持ってきて、横でオーダー待ち。
東南アジアの食堂って、オーダーを横でずーっと待っているのが多いよね。
待たれると気が散るので、声をかえて一旦下がってもらう。
だけど、奥のほうでやっぱり待ってる。

メニューを見ると○○肉骨茶っていうのがたくさんあって何がなんだか。
でも漢字で書かれているので何となくわかるところがいいね。
頼んだのはもちろん肉骨茶で、野菜がたっぷり入っているやつ。

ライスは要るかとおばちゃんが聞いてきたので、言われるがままに注文。
ついでにビールも。
そして到着したのがこちら。

f:id:asianight55555:20170404193023j:plain
少し食べてしまってすまんです。

スープはどこかで食べたことがあるような、でも間違いなくはじめての味。
少し辛目の醤油ラーメンに漢方薬を混ぜたような・・・ちがうような。。
肉はソーキそばに入っている軟骨豚肉に似ているけど、こちらのほうがあっさりしていて脂ぎっていない。
野菜もたっぷり入っていて、こりゃ旨い!
ライスはインディカ米なんで、スープや具材をぶっかけて頂くとこれがまた旨い。

あちこちであまり良くないことを書かれていて少し心配だったけど、満足にいただけました。
量もタップリで満腹。
接客や衛生面に関しても十分に良かったです。

お値段は肉骨茶:19RM、カールスバーグ(大):18RM、ライス:1.8RM也。

肉骨茶、病みつきになりそう!