読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アポジーのアジア夜遊び記

タイ、ミャンマーなど東南アジアでの夜遊びをメインに、観光スポット、レストランや交通などに関する情報もお届けします。

第2回ミャンマー編 (13) サイカー

ミンガラーバー!

サイカーとは自転車版サイドカータクシーといったところでしょうか。
ヤンゴンではあちらこちらでお目にかかれます。
というのもヤンゴンのダウンタウンを中心としたエリアではバイクが禁止されていて、当然バイタクはいません。
恐らくバイタクに代わるものとなるのでしょうが、ミャンマーの発展とともにいずれは廃れ、日本の人力車のように観光客用へとなりゆくような気がします。

なので廃れる前に乗っておこうと(本当は暑い中歩くのがだるい)、Hotel Grand United Ahlone Branchからタイ大使館まで約1Km弱の道のりで利用させてもらいました。
ホテル前に待機していたサイカーに「タイ エンバシー ハウマッチ」と聞くと意外にもすぐに通じた。さすがホテル前に待機しているだけのことはある。
運転手は少し考えて1000Ksと答えた。
どうやら距離のほか坂の有無や客の体重、荷物、人数なんかも考慮して値段が決まるようだ。街中で子供合わせて3人乗ってるのを見たことがある。
何も荷物を持っていないからか、なかなか安いようにも感じるが、タイでバイタク乗ると20Bほどなので、それと比べると高いかも。ただ初めての利用なので相場は不明。

自転車はけっこうぼろぼろ。昭和中頃の自転車といったところかな。
ギアも付いてなさそうだけど、タイヤは細いのでかるく走りそう。
客が乗る場所は狭いけどぴたっと収まる感じだし、座布団もしかれているので座り心地は悪くない。

いざ出発。いきなり車が行き交う道の中へ。

f:id:asianight55555:20170417215109j:plain

サイドカーが付いてるので端っこを走れず、後ろから来る車が怖い。
しかもサスペンションなんてものは付いてないので、道のでこぼこを全て拾う。
とてもじゃないけど座布団では吸収しきれず、カタカタとはずみながら進む。
しかし、風をダイレクトに受けるので走っていると涼しいし、周りに車がいないとカタカタと走る音と遠くで鳴く鳥のさえずりだけが聞こえてくる。
坂に差し掛かると、きつそうに立ちこぎで懸命に走るおっちゃんがいとおしくも感じる。

あまりにも心地いいので、タイ大使館で少し待ってもらってシャンヨーヤー1号店まで送ってもらいました。
こちらはなぜか2000Ks。
距離はほんの少し遠くなるし少し待たせてもいるけど、いいとこ1500Ksだろうと思い値切ろうかとも思ったが、一生懸命に漕ぐおっちゃんの姿が浮かんできてしまって何もいわずにOKした。

1Km前後の距離を利用するならタクシーより安くて便利なようだ。
もちろん大きな荷物を持っていたらタクシー1択だろうけど。
みなさんもヤンゴン訪れた際には是非一度乗ってみてください。
タクシー乗るよりもずっと心地いいので。

f:id:asianight55555:20170417215212j:plain

 

第2回ミャンマー編 (12) ヤンゴンでED薬調達 驚愕のお値段

ミンガラーバー!

今回の渡航はふと思いついたように決めたので、準備期間がほとんどなく個人輸入代行でジェネリックED薬を調達することもできないままに出発となってしまった。
もちろん近所のクリニックで正規品を調達するお金はない。
そんな訳で、ミャンマー滞在中にきらしてしまいヤンゴンで探すことに。

街中を歩いてると薬局と思わしき店は多々あるけど、店頭に処方待ちと思われる人が大勢待っていて、現地語を話せない外人など相手にしてくれる雰囲気は全くない。
やみくもに探しても仕方ないとネットで調べるもED薬に関してはほとんど情報なし。
そこでED薬を扱ってるかどうかわからないけど、スーレーパゴダの北にある薬局「AA PHARMACY」へ。
店は改装工事中かなにかのようだったけど、脇で細々と営業していた。
現地語がわからないので「バイアグラ ジェネリック?」と聞くが、よく伝わらず「バイアグラ」を連呼すると、やっとわかってもらえた。
周りに他のお客がいたのでちょっと恥ずかしいけど仕方ない。
店員は取り出したのはバイアグラの正規品だった。
値段は1箱4錠で13,500Ks。(何mgなのかは失念)
1Ks=0.085円とすると1150円。1錠当たり285円!
正規品にしては劇安であるが、そんな贅沢品である必要はなくジェネリックはあるかと聞くがどうも扱ってないらしい。
まずはED薬を扱っていることに安心し他をあたることにした。

後日、ふらふら歩きながら見つけた薬局で聞くと、こちらはカベルタを扱っていた。
お値段は1箱100mg4錠で4000Ks也。(50mgも扱っていたけどお値段は失念)
1Ks=0.085円とすると340円。1錠当たり85円!まじかこの安さ!
こちらが領収書です。少し印字が薄いですが「CAVERTA 100MG」が見て取れるかと。

f:id:asianight55555:20170417203027j:plain


ちなみにタイはパタヤSoi6入り口にあるPX PHARMACYはカマグラ100mg4錠で300B。
1B=3円とすると900円。1錠当たり225円。
個人輸入で8錠入りを4箱まとめ買いしても安くて約4800円ほど。1錠当たり150円。
ヤンゴンでのカベルタの価格が異常に安いことがおわかり頂けるでしょう。
ちなみにヤンゴンの薬局ではまとめ買い割引はないようです。

服用したところ、これまで服用したバイアグラ系ED薬と同等で、副作用に関してもいつものように軽い吐き気がしただけで何ら問題ありませんでした。
というわけで、滞在中に計3箱調達させて頂ました。ありがたやー。
恐らく他の薬局でも同等の価格で購入できるかと思いますが、冒頭に書いたとおりすいている薬局がなかなか見つからないのです。

f:id:asianight55555:20170417203243j:plain

f:id:asianight55555:20170417203247j:plain


本投稿では正規品か否かはパッケージのみで判断してるので、もしかしたら偽物かもしれまん。
服用に関しては各人でご判断ください。

こちらの薬局「HTOO THAZIN」の場所はアナウラフタ通りとランマダウ通りが交わる交差点角です。

f:id:asianight55555:20170417203301j:plain


いつまでもこの価格でいますように!

第2回ミャンマー編 (11) エンペラー嬢と80,000Ksのドミノゲーム

ミンガラーバー!

この日のもエンペラーへ行き、18歳ながら少し大人びた雰囲気。
おまけに細身でエンペラーでのお仕事は1週間ほどというY嬢をお持ち帰り。
写真のとおり、かなりGoodな後姿ですな。

f:id:asianight55555:20170415224017j:plain

f:id:asianight55555:20170415224029j:plain


Yは口数少なく、指差し会話帳でコミュニケーションとろうとするも殆どのってこない。
でも、そんなに悪い子という感じではなっかた。ただ単に静かな子なんだろうなと。

会話もなく暇なので、またまたドミノの出番となる。
ところが、相手はしてくれるもの全く楽しそうではないので30分くらいで終了。

一緒に横になってテレビを見始め徐々に臨戦態勢へ。

f:id:asianight55555:20170415224046j:plain

と思った矢先にYの電話が鳴る。
漏れ聞こえる相手の声は男だった。
少し話していると、それまで大人しい感じだったYの声がだんだん大きくなる。
一旦切るも、再び電話が鳴り、更に声を荒げて電話相手に何かを訴えているようだ。

このままでは周りの部屋からクレームがくるので、Yに静かにするように注意するも全く無視。
ついには電話片手に泣き出し。化粧もぼろぼろ。

f:id:asianight55555:20170415224146j:plain

最初は「どうしたの?」などと優しくなだめていたけど、さすがにやばいと思うようになった。
そこで、もう帰るように告げると、ぼろぼろに泣きじゃくった顔で手を差し出し金をよこせときた。
なっ何もしていないのに勝手に騒がれて・・・ふざけるなと思いながら拒否すると、Yは金を貰うまで帰らないと。
じゃー、電話を切って静かにしてくれと告げるも、電話を手放そうとせず更にエスカレートして大きな声で電話相手とけんか。

いい加減やばいので、隙をみてYを廊下へ押し出した。
しかし、Yはこんな程度は怯まなかった。
ドアを蹴り上げ廊下で騒ぐ。
堪らずレセプションへ電話して助けを求めると、ホテルマンが駆けつけたらしく静かになった。

暫くするとベルボーイと1階にいるガードマンがやって来て、Yと話したがやばい状況だと告げてきた。
どうやばいかというと、よく聞き取れなかったが以下のような単語を繰り返していた。
・デンジャ-
・エージェント
・ガンスター
ガンスターって何だ?と思いつつも、アウェーの地では仕方無いのでお金を渡すことにした。

ベルボーイにはまだ何もしていないので、半額の40,000Ksまでならとしぶしぶ了解した。ベルボーイはYともう一度話してみると出ていった。

5分ほどして戻ってきた。
どうもYが言うには、既にことをなしたと訴えているらしい。
そしてお金は満額の80,000Ksを要求しているらしい。
続いてベルボーイは、このままだとあなた危険とも言った。

この服装を見ろと外から戻って着替えていない服装を指差すも、最早やったやってないの話しではない。
拒否すれば念のためホテルは他に移らなければならないだろう。その手間と費用を考えるとと思い80,000Ksを支払った。
ベルボーイは、セイフィティを繰り返し、最後に明日は私がちゃんとしたレディを紹介すると言い残して去っていった。

今思うと腑に落ちない点が多々ある。
・Yは彼氏とけんかしていたのだろうか?
  まず彼氏ではないだろう。
  相手にはアポジーの声も入っているのだから。
  彼氏だとしても、そう思っているのはYだけだろう。
・では何に泣き叫んでいたのか?
  おそらく、夜のお仕事にいやけがさしたか、アポジーのようなおやじの相手をするのが嫌だと訴えていたのだろう。
  まー気持ちがわからなくもないけどさ。
・ベルボーイは信じられるのか?
  お金を直接Yに渡しているわけではないので不明。
  信じるしかないが、今思うとちょっと信じがたい。

というわけで80,000Ks払って、やったことはドミノゲームだけ。
あー、Yの体抱いてみたかったぜ。

とんでもない目に合ったけど、翌日も何食わぬ顔でエンペラーへ行かせて頂きました。

第2回ミャンマー編 (10) Hotel Grand United Ahlone Branch その2

ミンガラーバー!

以前にもホテル グランド ユナイテッド アロン ブランチ(Hotel Grand United Ahlone Branch)のレビューを記事にしましたが、その後もう一度泊まりました。
前回と同じSuperior Room with Viewを予約したのですが、以前とは違うタイプの部屋だったので相違点のみ記事にしておきます。

今回泊まった部屋は前回と同じ18階。
前回は南向きの部屋だったのですが、今回は東向きでシュエダゴン・パゴダが見える部屋。
夜、ライトアップされたパゴダは周りの暗さもあって美しく輝いています。
もう少し近くだったら最高かな。
眼下にはレンガ造りの病院もあり眺望はなかなに良いです。

f:id:asianight55555:20170415212313j:plain


ところが、バスルームにバスタブはなし。
おまけにバスルームのドアの正面にシャワーがあり、シャワーを浴びるとドアはびしょ濡れ。
便座とシャワーにしきいは小さいガラス板だけ。
気をつけてい浴びないと便座までびしょびしょになってしまいます。

f:id:asianight55555:20170415212334j:plain


窓は少々古臭い湾曲したスリットとなっていて、採光は良くない。
机とベッドの間は狭いので、椅子に座って机で作業することもでできない。

f:id:asianight55555:20170415212347j:plain

f:id:asianight55555:20170415212352j:plain


agodaにはバスタブ付きとあったので部屋換えしてもらっても良かったのですが、一泊だけだったしパゴダの夜景も見たかったのでそのままとしました。
もし、気に入らなければちゃんとホテルに言って部屋換えしてもらいましょう。

以前の記事はこちらです。

第2回ミャンマー編 (9) ボージョーアウンサンマーケット

ミンガラーバー!

前回の記事でジャスミンマッサージを紹介しましたが、そこからものの100mちょっとでボージョーアウンサンマーケットへいけます。
ご飯食べてマッサージしたら、暇つぶし半分、おみやげあさり半分でボージョーアウンサンマーケットへ。

f:id:asianight55555:20170414174741j:plain

f:id:asianight55555:20170414175751j:plain


こちらが案内板。というか見取り図。

f:id:asianight55555:20170414174724j:plain
案内板の中央、二列になってるとこがメインかな。
実際は屋根があってこの二列がひとつの建物のようになっています。
一番観光客も多く、日本語で話しかけてくる怪しげな物売り?も多い。
この物売り、結構しつこい上に、中にはかわいらしい子供もいる。
そんな時は「見るだけ」と言うとけっこう去っていく。
ミャンマー人のいいとこだね。

f:id:asianight55555:20170414174803j:plain


さて、かなり賑わっているマーケット内だけど、一番多いのは女性服関係。
ミャンマーの民族衣装やロンジーから洋服まで何でもあり。なぜか男性用はみかけず。
次いで宝石関係。金や翡翠が特に多いかな。
他には絵画や彫刻品、タナカなどなど。

購入する場合は値切りに値切りましょう。
同業種はだいたい同じエリアに密集してるので、何店かに声を掛けてみるのもいいかも。
アポジーはタナカとタバコを買ったけど(もちろんお土産)、4000Ksを3000Ksに下げてもらいました。
もうちょっと下がりそうだったけど、気が引けてやめておきましたが。

さて、ひととり回ったらアポジーおすすめの場所へどうぞ。

<その1は建物の2階>
2階に上がると、それまでの喧騒から一時離れて静かな空間となります。
カタカタと足踏みミシンを引く女性がいたりして、結構見てまわれます。

f:id:asianight55555:20170414175103j:plain


<その2は鉄道を跨ぐ高架>
右奥には鉄道を跨ぐ高架があり、高台から見下ろすマーケットや高架に出店している露天も興味深いですね。
高架は屋根が無くビニールシートで陽を遮っているんだけど、おかげでかなり暑い。
その中で食料やフルーツを売っていたりするけど、大丈夫なのかな?
東南アジアでよくみかける虫系もたっぷり。

f:id:asianight55555:20170414175146j:plain

f:id:asianight55555:20170414175155j:plain

f:id:asianight55555:20170414175202j:plain


月曜日は定休日なのでご注意を。