読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アポジーのアジア夜遊び記

タイ、ミャンマーなど東南アジアでの夜遊びをメインに、観光スポット、レストランや交通などに関する情報もお届けします。

第6回タイ バンコク編 (19) センセーブ運河ボートを使った便利なバンコク市内の移動方法

サワディーカップ!

センセーブ運河とはBTSスクンビット線とARLの間を流れるそれはそれは汚い運河のことです。
この運河を東はパンファー橋から、途中ARLラームカムヘーン駅の辺りで北上しワット・スリ・ブンルアンまでを結ぶ水上バスが運行しています。

f:id:asianight55555:20170514213958j:plain

本数も多く(長くても10分も待ち程)お値段も端から端まで行っても19Bと格安です。
運賃表はこちら。斜めからの写真で見づらい上に少し変な運賃表ですが何となく運賃がわかるかと。

f:id:asianight55555:20170514213815j:plain


例えばアソークから我らが伊勢丹へ行こうとするとBTSで25B。水上バスを使えば11B。
エアコンは付いてないですが、BTSのようにきんきんに冷えた車内ではなく走行中は風が流れて心地いいいです。
ただやはり臭いし水しぶきがかかることも。

さて、乗り方ですが至って簡単なので是非チャレンジしてほしい。

①ボートが来るのを待つ。

 基本的に進行方向がどちらでも乗り場は一緒です。ただしプラトゥナームだけは乗り場が違うので注意。

②進行方向のボートがきたらさっそうと乗り込み適当な座席に座る。

 転落しないように落ち着いて乗り込みましょう。
 先日落ちて死んだ人がいました。ヘドロが溜まっているのでしょうか?十分に気をつけましょう。
 座席が満席の場合は船内後部で立ちます。

③女性が集金にくるので行き先を告げてお金を渡します。

 料金がわからなければ20B札を渡せばおつりをくれます。

④運悪く端っこに座ってしまい、なおかつビニールのシートを上げ下げするロープが合った場合、水しぶきを避けるビニールのシートを上げ下げする係りに任命です。

 走り出して水しぶきがかかりだしたら、ブラインドを上げる要領でロープを引っ張ってビニールのシートを上げます。
 この際、集金係りの女性の妨げにならないように注意します。
 集金係が気に食わなかったら嫌がらせをしましょう。冗談です。人命に関わるので嫌がらせはやめましょう。

f:id:asianight55555:20170514213852j:plain

f:id:asianight55555:20170514213902j:plain

⑤目的地に着いたら、こちらも落ちないように下船して終了です。


注意すべき点を2点ほど。
・プラトゥナームをまたぐ移動はプラトゥナームで一旦乗り換えが必要となります。
 まあ2回乗るだけなので手間は手間ですが訳ありません。
・夜の運行終了が早い。
 概ね19:30頃に終了のようですが、休日はもっと早くに終了するようなので夜間の利用は当てにしないようにしましょう。

f:id:asianight55555:20170514214020j:plain


BTSやタクシーでの移動に加え、渋滞知らずのセンセーブ運河ボートを加えると移動手段に幅ができて便利になります。
何と言ってもチャオプラヤ川西岸の陸の孤島となっているエリアへも、センセーブ運河ボートの終点パンファーまで来ればアクセスが容易になりますのでおすすめです。
日本人の徒歩移動能力も組み合わせれば、カオサン通りもタクシーなしでいけちゃいますね。

東端のパンファー橋はこちら。

第6回タイ バンコク編 (18) ゴーゴー巡り キングキャッスルで18歳にご執心

サワディーカップ!

この日はゴーゴーバーを巡ってみようとまずは久々のソイカへ。
クレイジーハウスが一杯で入店できず、何となく呼び込みに連れられてふらふらとRIOへ。
着席とともに両脇を呼び込み嬢2人に囲まれたしまった。
これはカモにされると1人はノーサンキューとかオンリーユーとか言って何とか1人を退散させる。
残った嬢にちょっとちょっかいだすと、すかさず跨ってきてドリンク催促してきた。
アポジーはこういう積極的な嬢は好まないので早くも退店したくなった。
しかしこの時点でそれんなりにお触りしているので、一杯だけねと。
ところが嬢は執拗にダブルダブルと食い下がりながら積極的に腰をふっている。
なんかめんどくさくなって許可。
届いたドリンクはテキーラ2杯。届くや否やいっきに飲み干す。
カモられた!
チップ拒否して退店。700B也。滞在時間10分ほど。

もうソイカへは行くもんか(きっとまた行くけど)と思いながらタクシーに乗り込みパッポンへ。
キングス系を中心にバーホッピング。
ペイバー目的じゃないけど綺麗なお姉さんを眺めているだけでなんとなく幸せ。
RIOみたいにカモにされる恐れもあまりない。

f:id:asianight55555:20170514141554j:plain


バーホッピングを繰り返しているうちにだいぶ酔いが回ってしまい、はじめてと思って入店しても「あれ、また来たのね」などと笑われる始末。
そして、この日2度目の入店となったキングスキャッスル1。
ここで、まさにアポジーの目を釘付けにする嬢を発見してしまった。
顔はやや東南アジア系が強く出ているが見るからに若い。
スタイルもやや細く特に下半身の線が細く、酔いも覚めすでに爆発しそうだ!
なんでこんな時間に残ってるんだ?

アポジーの席からはずっと遠くで踊っていたけど、トイレへ行くついでに間近で確認し呼び出した。
歳はやはり18歳。学生なのかと聞くとではないと。
どうやらゴーゴーで食いつないでいるらしい。

ちょっと緊張しながら腰に手を回す。
拒否はしないが体を寄せてくるようなこともない。
それではとお尻に手を伸ばす。やはり拒否はしなかったが体がピクッと反応したのを見逃さなかった。
そのままぎゅっと寄せようとするとドリンク頂戴と。
もちろんOK。内心はたっぷり飲んでくれとヒヒヒ。

あまりセクハラして嫌われたくないので、まずはペイバー交渉。
するとはっきりとNG。
どうやら誰であっても連れ出しは断っているらしい。
遅い時間でも残っているのも頷ける。

f:id:asianight55555:20170514141609j:plain


とりあえずアポジーが嫌われたのではないようで一安心したが残念だ。
若く細くかわいらしい上に擦れていないどころか、かなりのうぶさ。
今は連れ出しNGでもいずれは誰かの毒牙にかかるのだろうか。

その後も2度ほどかるく飲んだが状況は変わらず、タイムリミットとなってしまった。

第6回タイ バンコク編 (17) アサンプション大聖堂で女学生との遭遇

サワディーカップ!

滞在ホテルからぶらぶらと散歩がてらにアサンプション大聖堂へ。
有名なマンダリン・オリエンタル・バンコクの対面に位置します。
ついこの前に放映していたドラマ「嘘の戦争」の冒頭で、両親を殺した犯人に偶然出会うシーンがこのマンダリン・オリエンタル・バンコクでした。
貧乏なアポジーには縁のない超高級ホテルですけどね。

最初はシーロム通りから右へ折れた通り沿いにある正面玄関から入ろうとしたら、守衛さんに笑顔で止められてしまいました。
大聖堂を指差して「ターイループ ダイマイ(ถ่ายรูป ได้ไหม)」(写真撮っていい?)

f:id:asianight55555:20170505200545j:plain

と言ったら「ソイ フォーティー」と連呼されました。
言われるままに脇にある路地を入ると、丁度下校時間にぶちあったたらしく女学生(中学生?)がわんさか出てくるは出てくるは。
カメラ片手にふらつく外国人は注目の的。
さぞや怪しい人に見えたことだろう。

こちらは守衛さんのお墨付きだぜ!何が悪いと内心はひやひやしながら奥へ奥へ。
中庭らしきところにどーんと大聖堂がお出ましに。

f:id:asianight55555:20170505200430j:plain

なかなかに立派ですな。なんでもローマ教皇も訪問したことがあるらしいです。
中を覗くと他の聖堂と同様に天井に絵が描かれていて、他に比べていささか質素ですが華やか過ぎない重厚感みたいなものがあり、個人的にはこちらのほうが好み。

f:id:asianight55555:20170505200442j:plain


Soi40のどんつきにはボート乗り場があり、ボートを利用して通学してる女学生も。

f:id:asianight55555:20170505200559j:plain

女学生がいなければ少々退屈な散歩となったかもしれないが、おかげでテンションが上がってしまった。
それにしてもツインテール率が高かった。

日本なら確実に「ちょっと君!」とお声がかかるような雰囲気だったので早々に退散。
どうやら通報はされなかったようだ。

 

第6回タイ バンコク編 (16) TOPSマーケット

サワディーカップ!

日本に住んでるときの日用雑貨や飲み物などはスーパーで調達しますよね。
バンコクでの滞在も同じで、できれば安いスーパーで調達したいものです。
タイのスーパーで真っ先に思いつくのはビッグCでしょうか。
安くて品数豊富。日本でいえばイオンといった感じでしょうか。

ところがこのビッグC、郊外型の大型店のためかバンコクでの店舗数は決して多くありません。
たまたま近所にあればいいのですが、貴重な時間を使って行くのはもったいない。
ちなみに、たまにビッグCミニとかいうのがありますが、こちらはただのコンビニです。

ではそこそこの品数で便利なスーパー、日本でいえば西友あたりに位置づくのは何か。
答えはTOPSマーケット。
そこまでフロア面積が広いわけでもないですけどね。
じゃあ「コンビニでいいじゃん!」と思うかもしれませんが決定的な違い。
それは2リッターの(甘く無い)日本茶やウーロン茶が置いてある点でしょう。
セブンにも500mlの日本茶は置いてますが2リッタは扱っていません。

お値段はPOKKAの2リッターが42B也と西友とほぼ同額だけど、バンコクにある日本人ご用達のフジスーパーはなぜか59B也。
伊藤園のお茶は美味しいけどべらぼうに高いので、アポジーはいつもTOPSかビッグCでPOKKAのお茶を購入してます。

お茶を購入する際の注意点としては甘いお茶に手をださないこと。
タイ人はどうやら甘いお茶がお好みのようで、甘いお茶は安く豊富に扱ってますが日本人の舌にはあいません。
ラベルに「Natural」「No Sugar」「Sugar Free」などと書いてあれば砂糖無しですので、こちらを購入するように。

滞在先のチョンノンシー周辺にも何軒かのTOPSマーケットがありますが、今回よく利用させてもらったのはこちら。


店舗数も多いので何気に通っている場所にあったりもしますが、とにかく目立ちません。
ひっそり営業しているといっても過言ではないほどに。
セブンやファミマのほうがよっぽど目立つ始末。
こちらの店舗もよくみれば看板がでてますが、なんとも控えめなこと。

f:id:asianight55555:20170503144849j:plain
表の商業施設の中を通り抜けると店舗が。

f:id:asianight55555:20170503144854j:plain


ところで皆さんはどのビールが好きですか?
アポジーの一押しはビアラオ!なかでもビアラオ・ダークは濃すぎず薄すぎずでコクがなんとも深い。と書いてるそばからよだれが。
ノーマルのビアラオで少し薄いと感じたらダークを試してみてくださいな。
個人的にはアジア最強との声がたかいミャンマービールより上です。

そんなビアラオをこちらのTOPSマーケットでは扱っていました。
しかもかつてはラオスの王族のみが飲めたというビアラオ・ゴールドまで。
アポジーもゴールドは初めてでしたが、何と言うか・・・お値段の割りにもうひとつ。
でも滅多に見かけないので試しにどうぞ。

お値段はノーマル55B、ダーク62B、ゴールド82B也。
ChangやLeoの32Bより割高なのは仕方ないけど、ゴールドは異常に高いな。

f:id:asianight55555:20170503145144j:plain

 

第6回タイ バンコク編 (15) 自称初日の逆年齢偽証美人女子大生タニヤ嬢をロングで連れ出し

サワディーカップ!

本日も20時頃にタニヤへ。
すぐに「ナナクラブ(Nana Club)」の前でたむろする嬢のなかから若そうだけど少し大人びた嬢を発見。
まだ時間も早くのどもカラカラなので1時間だけ飲むことに。

名前はJ。20歳。入店初日で日本語は全くわからない。

f:id:asianight55555:20170501151414j:plain

昼間は大学に通うばりばりの女子大生。
おまけにかわいらしさと美人がうまく調和したなんとも麗しい子だ。
にもかかわらずボディーのほうは何ともエロい感じ漂っている。
足は細く胸も大きそうでもう何もいうことはありません。

当然お持ち帰りしたいのでロングはOKか聞くとNG。
決していやがっているわけではなく、嬢も積極的に持ち帰って欲しがってはいるが明日も学校へ行かなければならないと。
ならばとあの手この手で説得にかかる。
結局、5時に帰ることとムーガタを食べることで決着した(笑
ムーガタにはかなりくいついてきたので、読者も渋る嬢にはムーガタというニンジンをぶら下げてみてほしい。

お会計はタニヤの通常価格どおりでセット1時間:600B、LD:200B*2、PB:800B、ロング代は3500B也。

近所でムーガタを食べながらたわいもない話を。

f:id:asianight55555:20170501151601j:plain

全く擦れた感じはなく入店初日はまゆつばだが、入店して間もないのは間違い無いっぽい。
それにしても、この子は肉しか食べない。野菜は嫌いだそうだ。
この偏食がこの何ともエロい体を作るのかなどと思いながらチェックビンしてホテルへ。

ホテルへ向かう道すがらJは本当は18歳なのと。
そしてIDを取り出し、ほらねっと何の警戒心もなくIDを渡してくる。
タイのIDカードに書かれている生年月日は仏暦なので543を引くと西暦になる。
正真正銘の18歳だ。なぜ逆年齢偽証したのか聞いたが、タイ語だったのでよくわからなかった。
ついでに女性かどうかもチェックしておいた。念のため。念のためですよ。

部屋へ入りしばし歓談した後、シャワーを浴びベッドイン。

f:id:asianight55555:20170501151713j:plain

f:id:asianight55555:20170501151638j:plain

そしてわくわくどきどきしながらJの体を拝見。
細い足、かわいいけどむちっとしたお尻と見事な下半身。
しかーし胸が残念!大きいけどふにゃふにゃで乳輪が大きく黒い。おばちゃんじゃん!
けどそれ以外は申し分ないので見なかったことにする。
そして18歳のあそこは非常に良く、キュッキュッと締め付けてくる。
ミャンマー娘ならば上の下といったところだが、タイ人ならば文句なしに上の上だ。

フェラはNGだったが体位はあんなこともこんなことも自由自在。
汗だくでフィニッシュ。腕枕で就寝となった。
朝方、再戦を申し込むとすんなりOK。再び汗だくとなった。

やはり擦れていない嬢はいい。
日本語や英語が堪能でも会話がはずまない嬢も少なくないけど、つたないアポジーのタイ語とたどたどしいJの英語ではあったが十分にコミュニケーションをとることができたし楽しかった。
胸以外に何もいうことはないいい嬢だったが、その後タニヤで見かけることはなかった。

f:id:asianight55555:20170501151733j:plain