読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アポジーのアジア夜遊び記

タイ、ミャンマーなど東南アジアでの夜遊びをメインに、観光スポット、レストランや交通などに関する情報もお届けします。

第6回タイ バンコク編 (18) ゴーゴー巡り キングキャッスルで18歳にご執心

サワディーカップ!

この日はゴーゴーバーを巡ってみようとまずは久々のソイカへ。
クレイジーハウスが一杯で入店できず、何となく呼び込みに連れられてふらふらとRIOへ。
着席とともに両脇を呼び込み嬢2人に囲まれたしまった。
これはカモにされると1人はノーサンキューとかオンリーユーとか言って何とか1人を退散させる。
残った嬢にちょっとちょっかいだすと、すかさず跨ってきてドリンク催促してきた。
アポジーはこういう積極的な嬢は好まないので早くも退店したくなった。
しかしこの時点でそれんなりにお触りしているので、一杯だけねと。
ところが嬢は執拗にダブルダブルと食い下がりながら積極的に腰をふっている。
なんかめんどくさくなって許可。
届いたドリンクはテキーラ2杯。届くや否やいっきに飲み干す。
カモられた!
チップ拒否して退店。700B也。滞在時間10分ほど。

もうソイカへは行くもんか(きっとまた行くけど)と思いながらタクシーに乗り込みパッポンへ。
キングス系を中心にバーホッピング。
ペイバー目的じゃないけど綺麗なお姉さんを眺めているだけでなんとなく幸せ。
RIOみたいにカモにされる恐れもあまりない。

f:id:asianight55555:20170514141554j:plain


バーホッピングを繰り返しているうちにだいぶ酔いが回ってしまい、はじめてと思って入店しても「あれ、また来たのね」などと笑われる始末。
そして、この日2度目の入店となったキングスキャッスル1。
ここで、まさにアポジーの目を釘付けにする嬢を発見してしまった。
顔はやや東南アジア系が強く出ているが見るからに若い。
スタイルもやや細く特に下半身の線が細く、酔いも覚めすでに爆発しそうだ!
なんでこんな時間に残ってるんだ?

アポジーの席からはずっと遠くで踊っていたけど、トイレへ行くついでに間近で確認し呼び出した。
歳はやはり18歳。学生なのかと聞くとではないと。
どうやらゴーゴーで食いつないでいるらしい。

ちょっと緊張しながら腰に手を回す。
拒否はしないが体を寄せてくるようなこともない。
それではとお尻に手を伸ばす。やはり拒否はしなかったが体がピクッと反応したのを見逃さなかった。
そのままぎゅっと寄せようとするとドリンク頂戴と。
もちろんOK。内心はたっぷり飲んでくれとヒヒヒ。

あまりセクハラして嫌われたくないので、まずはペイバー交渉。
するとはっきりとNG。
どうやら誰であっても連れ出しは断っているらしい。
遅い時間でも残っているのも頷ける。

f:id:asianight55555:20170514141609j:plain


とりあえずアポジーが嫌われたのではないようで一安心したが残念だ。
若く細くかわいらしい上に擦れていないどころか、かなりのうぶさ。
今は連れ出しNGでもいずれは誰かの毒牙にかかるのだろうか。

その後も2度ほどかるく飲んだが状況は変わらず、タイムリミットとなってしまった。