読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アポジーのアジア夜遊び記

タイ、ミャンマーなど東南アジアでの夜遊びをメインに、観光スポット、レストランや交通などに関する情報もお届けします。

第6回タイ バンコク編 (6)タニヤで元伊○丹デパガ嬢を連れ出し

サワディーカップ!

前回連れ出したタニヤ嬢が大当たりだったので、味をしめて今夜もタニヤへ。
しかし欲を出して高望みしてしまい、この日はなかなかお相手がみつからない。
少し妥協してNew Sky Clubの嬢を指名し1時間飲むこととした。

名前はP。25歳。
少々年齢はいっているけど顔は柔和な感じで悪くない。むしろ好みな部類。
胸は少々寂しい感じだけど雰囲気はいい。
そして会話が旨い。
アポジーのつまらない冗談にも品よく笑ってくれるうえに聞き上手。
自分の話はなかなかしないので、こちらからふって聞き出す。
と、なんと前職は伊勢丹の化粧品売り場(ブルガリっていってたかな?)で売り子をしていたらしい。
どうりで品がいいわけだと合点がいった。

f:id:asianight55555:20170423192946j:plain


1時間飲んだところでママが来て持ち帰るか聞いてきた。
入店時は迷っていたけど、この聞き上手に少々ほだされてしまい、すんなりロングでお持ち帰りさせて頂く事にした。

f:id:asianight55555:20170423193026j:plain

ホテルに戻ってもあいかわらず優しい笑みを絶えず浮かべている。
そしてベッドイン。
おもむろにPの秘部へ手を伸ばすと異常な濡れ具合だ。
最初は濡れやすい子なんだな程度に思っていたけど、さらに時間が経つにつれ濡れ具合が激しくなっている。
途中で抜いてゴムを触ると、もうベチョベチョグチャグチャ。
気持ち悪くなって萎えてしまい、手コキでのフィニッシュとなってしまった。

f:id:asianight55555:20170423193036j:plain


朝方、再度性欲が高まり催促するも、今度はPが乗る気はなく消極的。
こちらもまたまたベチョベチョグチャグチャが思い出されて意気消沈。
不完全燃焼のままご帰宅となった。