読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アポジーのアジア夜遊び記

タイ、ミャンマーなど東南アジアでの夜遊びをメインに、観光スポット、レストランや交通などに関する情報もお届けします。

第2回ミャンマー編 (8) ジャスミンマッサージ

ミンガラーバー!

ヤンゴンの格安マッサージ店(エロではない)。
1つは以前記事にしたChanelマッサージ(MGMホテル隣)。
そしてもう一つはジャスミンマッサージ(Jasmine Beauty Spa)。
21stにある滞在ホテルからは少し離れているけど、ギリ徒歩圏内。

場所はこちら。

ボージョーアウンサンマーケットの北に位置し、近隣にはラーメン屋をはじめ綺麗めの食事処が密集しているエリア。
ボージョーアウンサンマーケットを奥へ行くと、鉄道を越える高架がある。(写真の右奥にある高架)

f:id:asianight55555:20170414165719j:plain

これを越え、まっすぐ進み最初の交差点のちょい先、右手にあります。

料金はChanelマッサージと同額の3500Ks/1h。
Chanelマッサージは怪しさ満点の店先だったけど、ジャスミンマッサージは拍子抜けするほどにいたって普通。
中に入るとChanelもジャスミンもほぼ同じ作りで、まるで蟻の巣のように地下に通路が張り巡らされていて、たくさんのマッサージ小部屋がある。

ただ、若干ジャスミンのほうが綺麗で明るいかな。

f:id:asianight55555:20170414165801j:plain

f:id:asianight55555:20170414165740j:plain


部屋で着替えて待つこと数分、嬢が来て無言でマッサージ開始。
暫くすると何時間か聞いてくる。
このあたりもChanelマッサージと同じ。

しかし、Chanelマッサージとの決定的に違うのはジャスミンのほうがマッサージが本格的なこと。
マッサージ嬢にもよるけど、ジャスミンはとにかく痛い。
フットは筋肉をつぶされるんじゃないかと思うほどにぐりぐりされ、首は骨が折れるんじゃないかと思うほど思いっきりひねられたり、髪の毛をつかんでひっぱられたり。
とにかく手加減がない。

アポジーは柔らかくマッサージされながら、うとうとするのが好みだけど、とてもじゃないけどうとうとなんて出来ない。
なので何度も痛いとかソフトにとか頼むんだけど、暫くするとまた元の力加減に戻ってしまうことがしばしば。
幾度か通ううち、いつしか「首はやらないでソフトに」と頼むようになった。

気持ち良さではChanelに軍配があがるけど、裏を返せば仕事熱心な嬢が多いようだ。
Chanel嬢はテレビ見ながら片手間にマッサージしているようにも思えるし、なかにはくすぐったいくらいの嬢もいた。
一方、ジャスミン嬢はテレビに夢中になる子はおらず、皆マッサージに集中している感じ。
いいとこ嬢同士でおしゃべりする程度。

果たしてこのミャンマー式マッサージがどのような効果があるかはわからないけど、日本円で\300ちょっと。
タイのようにチップ要求もないので額面どおりの金額ですむ。
絶対におすすめですよ。

Chanelマッサージの記事はこちらです。