読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アポジーのアジア夜遊び記

タイ、ミャンマーなど東南アジアでの夜遊びをメインに、観光スポット、レストランや交通などに関する情報もお届けします。

第1回マレーシア編 (5) タイバー

スラマッパギ!

クアラルンプールにある援交バー。ビーチクラブに続いて今度はタイバーへ。
タイバーではGoogleマップに載っていないけど、「Thai Club And Bistro」で載ってますよ。
ビーチクラブと同じ通り沿い。KLモノレールの通る道との交差点そばにあります。

23:00過ぎに初来店すると、店内はガラーンとして寂しい感じ。
嬢にも覇気が無く疲れている感じで、やはり売れ残ってしまった嬢のレベルは低かった。

次は21:00頃に来店すると既に店内は一杯。
ステージではライブをやっていてすごい盛り上がりようだ。
店内を徘徊するが可愛い子には既に客が付いている。21:00では遅かったのだろうか?

f:id:asianight55555:20170401203907j:plain


そんな中一人の嬢に目が留まる。
名前はJ。歳は25歳。ベトナム人。
おいおい、また25歳か。年齢も協定結んでいるのだろうか?
少々ふけて見えるが、体は締まっていて胸も大きく、なんといってもキュッとしまったお尻がたまらなかった。
そのボディーをアポジーの体に摺り寄せてアピールしてくる。
思わずお尻に手が伸びてしまいました。
なんでも毎日エクサに通って体を絞っているらしい。見上げたものだ。
気になるロングのお値段はやはり800RM。値下げには応じてくれなかったが話は楽しかった。

f:id:asianight55555:20170401203825j:plain

ストロボ炊いたんで少々ぶさいくに見えるけど、実物は優しげな感じのいい子でした。

交渉決裂で飽きてきたので他を探しなと促すと、喜んで客を探しに行く。
しかし、しばらくすると舞い戻ってきて「いい客いないよー」と泣きついてくる。
しらんがなと突き放すもなかなか楽しいので再びビールを進呈。
今度はアポジーが嬢を探しに行くが見つからず、戻ってきて「いい子いないよー」と泣きつき再びビールを進呈。
Jは楽しそう笑っていた。

タイバーもビーチクラブも似たようなものだけど、タイバーのほうがより盛り上がっている感じがする。

f:id:asianight55555:20170401203953j:plain

どちらもライブで盛り上がるとかなりうるさいので、ゆっくり話をするに際はオープンテラスへ移動することになる。
あと、タイバーは店内が少し暗いので嬢の顔が見づらいし、入店時に押されるスタンプがはっきり見えるので退店後ちょっと恥ずかしいかな。

結局ビーチクラブ/タイバーからは誰一人持ち出すことなくマレーシアを後にした。
だって高いんだもん!