読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アポジーのアジア夜遊び記

タイ、ミャンマーなど東南アジアでの夜遊びをメインに、観光スポット、レストランや交通などに関する情報もお届けします。

第1回マレーシア編 (1) エアアジアのプレミアムフラットベッドでジョンナム氏事件のKLIA2へ

スラマッパギ!

東南アジアで一番夜遊びがつまらないともっぱらの評判である、マレーシアはクアラルンプールへ。
羽田からエアアジアでKLIA2への直行便。座席は体を横にして寝ていけると評判のプレミアムフラットベッド。
それにしても羽田空港は綺麗だね。
f:id:asianight55555:20170330145348j:plain


大いに期待していたプレミアムフラットベッド。
結論から言うともうひとつ。プロモーション価格ならまだしも少なくとも正規料金で乗るのは避けたほうが無難でしょう。
まず、完全に水平にはならないので徐々に足元のほうへ下がってくるのが気持ち悪い。
更に、ヘッドレストがごつごつしている上、体を包み込むようなシートではないので寝心地が悪い。

f:id:asianight55555:20170330145519j:plain


いつぞや乗った全日空ビジネスクラスのフルフラットシートとはまるで心地よさが違う。
まーあちらはレガシーの最新鋭787の新品だし、比べるのは無理があるけど。

f:id:asianight55555:20170330145542j:plain

f:id:asianight55555:20170330145546j:plain

上の写真は全日空フルフラットシート


良かった点はシート脇にポケットがあるので小物を置いておくことができ、起きなくてもスマホを取り出したり水を飲んだりできたのと、毛布が厚手で暖かい。しかも枕とお揃いの真っ赤でおしゃれ。
タブレットも貸し出してくれて映画や雑誌を見れたけど、日本語はほとんどないので10分で飽きてしまった。

f:id:asianight55555:20170330145640j:plain

ちなみに上から
石原さとみ 校閲ガール 日本
・ジェン・シュアン 微微一笑很倾城 中国
コン・ヒョジン 嫉妬の化身 韓国
いやはやお綺麗なことで。


さて、肝心の寝心地はというと、最前列の足元は180cmのアポジーが寝るとぎりぎりで、ずり落ちてくると足が壁に当たり不快。
上に上がるとヘッドレストの段差が痛い。
結局、軽く足を曲げて寝ることに。まっすぐ寝れないフラッドベッド?

f:id:asianight55555:20170330145526j:plain


機内食は、質素ですがこんなもんでしょう。
ぶっかけ飯のお味は悪く無いけど、電子レンジでチンしたてなのか蓋がものすごく熱く火傷しそうになった。

f:id:asianight55555:20170330151753j:plain


結局、少しは寝れたけど寝つきはかなり悪かった。
とはいうものの深夜便なんで寝てしまえばこっちのもの。
朝起こされるともうマレーシアまで2時間弱。

今回はつい10日前に思い立ったように行くことにしたので、飛行機の予約も正規料金だった。
いくらビジネスクラス並みのシートとはいっても、やはり片道\70,000オーバーの価格は少々高い。
かといって背が高いアポジーにとってLCCのエコノミーは地獄。
やはりご利用は計画的にプロモ狙いで行きましょう!

眠い目をこすりながら急いで入国審査へ。
あれ、なんか忘れているような気が・・・あっE/Dカード書いてない。ってかエアアジア配ってくれないのか?
と気づいたときにはもう管理官に呼ばれていた。
「ヘロー!」とパスポートだけ提出。
並んだときには2~3人待ちだったがすでに10人ほど待ち。
もう一度並ばなきゃいけないのかなーと思っていたが、何のお咎めもなしに指紋を取られスタンプをポンッ。
後で調べると2012年6月からE/Dカードは廃止になったとのことだった。

ちなみにジョンウン氏事件から2週間ほどでしたが、入り口に警官が数名居る程度でものものしい雰囲気は全く無かった。現地テレビでは頻繁に放送されてたけどね。