読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アポジーのアジア夜遊び記

タイ、ミャンマーなど東南アジアでの夜遊びをメインに、昼の遊びも織り交ぜて楽しく書いていきます。

第5回タイ パタヤ編 (4) Club4へ潜入

エロマッサージ パタヤ タイ

サワディー カップ!

昼間は節約のためプールで過ごすことも多いが1月のパタヤは少々寒いし、ミャンマーからの移動とかで4日間ほど溜め込んでいるので昼間の遊びに出かけることとした。パタヤは昼でも夜遊びできるところがたくさんある。

そしてやって来たのがClub4。ジェントルマンズクラブのようなフェラチオバーのような、そんな怪しい店である。
Club4の周辺は発展が著しく、似たような店が多数出店している。
お気に入りがいなければ飲むだけで退店し隣の店に入れば良し。

場所はこちら。

徒歩だとちょっときついのでバイクをお勧めする。
行き方のポイントは2つ。
サードロードからChaloem Phrakat 18通りに入る。サードロードにセブンイレブンがあるのでここを斜めに入る。
②道なりに進み写真にある路地を左折する。青い看板が目に付くと思います。

f:id:asianight55555:20170304135824j:plain


③あとは簡単。道なりに進みクランク手前右側。店の看板がでてるのですぐにわかります。

バイクを軒先に停めClub4へ入店。少しくらいが中には10名ほどの嬢がいた。皆赤いドレスを着ている。
ぱっとみ2名ほどがOKなので、レベルは悪くない。
ソファー席や、お座敷のような横になれる席やらが通路の両脇に並んでいる。
横になれる席にあがりコーラを注文。

やってきたのは、先ほどぱっと見OKだった中の一人。
名前はC。年は失念したが23歳だったと思う。体のラインも丁度良い細さで胸もなかなかだ。
周りを見渡す。客はファランが2名ほど。1名は嬢を抱いてセクハラに精をだしている。
他の嬢もチェック。やはりCが一番好みだったので少し話しセクハラ開始。といってもアポジーのものは初めからさわさわされていたが。
ノムタム(นมเทียม)(豊胸)疑惑もあったが柔らかくまさしく本物。

暫くすると嬢からお誘い。本番でも口だけでも両方OKらしい。アポジーは少々お疲れなので口だけを選択。
続いてココでするか、上の部屋にあがるか聞いてきた。上の部屋はベッドとシャワーが付いているらしい。
ポジーは迷わずココを選択。この臨場感が堪らないから。

いつの間にか対面のファラン席もカーテンが閉められていて、微かに喘ぎ声が聞こえてくる。
嬢が仕事道具を持ってきてカーテンを閉める。2人とも全て脱ぎ捨て○×開始。
最後は柔らかい胸を両手でしっかりと掴み、フィニッシュと相成りました。

料金は嬢にチップ500B。お店には場所代300Bとアポジーと嬢のドリンク代250B。計1,050B也。

 ※2017-02-24 Club4は摘発を受けた模様です。念のため。