読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アポジーのアジア夜遊び記

タイ、ミャンマーなど東南アジアでの夜遊びをメインに、観光スポット、レストランや交通などに関する情報もお届けします。

第1回ミャンマー編 (10) まさかの2連敗 前編

ミンガラーバー!

夜遊びのほうは、変わった子にも当たってしまったが、総じて満足している。
そんな中この日もエンペラーへ。

これまでは若干ふくよかな感じの子だったので、ここらで細めの子を選びたい。
そんな中、顔も体も細身の子が目に付きソファーに座らせる。
左に嬢。右にママ。嬢は現地語のみなので、ママが通訳につく。
名前は失念したのでNとする。18歳で入店初日らしい。ママのアピールがすごい。

顔はどちらかというと綺麗系。ややヤンキー系かもしれないがまーいいだろう。
体の線は細めではあるが胸もまずまずありそうだ。
ということでお相手が決まった。

ホテルに戻るとスマホをいじりだし、やめる気配がない。スマホはダメとやんわり言うと「わかった」とすぐやめる。
ベッドインする前に写真を撮らせくれと頼むと素直にOK
意外に素直な子だ。感心感心。

f:id:asianight55555:20170225163926j:plain

f:id:asianight55555:20170225163934j:plain


ところが、ベッドインするとキス、フ○ラはもちろん胸を触るのもハグするのもNG。
これには参った。なんとか挿入するもやっぱり無理だ。
いくら頼んでも断固拒否。フ○ラは仕方ない。キスも我慢しよう。だが抱くこともできないは無理。
何のために一晩一緒にいるのだ。これでは2回置屋に行くのと同じではないか。
隣にさせてくれる子がいるが手が出せない(ものは挿入OK)ほうがつらい。
嬢が攻めてくれるのなら、ありかもしれないが、ただのまぐろ。
前日までの当たり嬢との落差も大きかったので、より辛抱ならない。

どうしようか思案した結果、ママに電話させ苦情とお引取りをお願いする。
と、今度はママと嬢が話す。どうやら挿入されたのを話したらしい。
再度、アポジーとママが話そうとすると、密談されるのを恐れてか嬢がスピーカーに切り替える。
いやいや、あなた英語わからないでしょ。とつっこむアポジー

交渉の末に半額払って引き取ってもらった。
挿入したのはまずかった。これを口実に押し切られてしまった。
交渉時間含めホテル滞在2時間ほど。コスパ最悪だが我慢しよう。

先日のように再度エンペラーへ行くか迷ったが、疲れてそのまま一人で寝てしまった。