読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アポジーのアジア夜遊び記

タイ、ミャンマーなど東南アジアでの夜遊びをメインに、昼の遊びも織り交ぜて楽しく書いていきます。

第4回タイ バンコク編 (7) イエンタフォー

レストラン バンコク タイ

サワディー カップ!

前の晩は夜遊びも早々に切り上げご就寝。すると朝早く起きてしまう。起きると腹が減る。
せっかくなんで少し散歩しながら、何食べようかなー。
Soi20まできて脇にある路地を見ると、1軒だけ開いている。こんな朝早くから、何屋かな~と覗いてみると、クイッティアオ屋だ。
従業員がお食事中だったので開店してるのかちょっと戸惑いながらも「イエンターフォー ミー マイ?(เย็นตาโฟ มีไหม)」と聞くと「ミーミー(มีมี)」と手招きされ入店。

f:id:asianight55555:20170216224347j:plain

車が邪魔だけど、右側黄色とオレンジのテントがお店。

概観は完全ローカルだけど、メニューには日本語も。日本人に人気なのか?
後から入店するのはローカルの方ばかりだったけど。

f:id:asianight55555:20170216224437j:plain

お店の名前は「クイティアオピークガイ サーイナムプン」。「手羽先のクイティアオ はつみつ入り」・・・よくわからない。
このメニューでは頼めるのは2種類。ひとつは店の名前でもある「手羽先のクイティアオ」。タイ語では「+なんとか」って書いてあるけどなんだろうか?
もうひとつは「イエンタフォー」。

また、センミーをビープン(ビーフン)と訳しているしギャムイーって何だ?興味深い。「ー」が麺、「*」がスープなので麺であることは想像が付くがぐぐっても不明なので次回聞いてみたい。

さらに下の部分が気になるが読めない。おそらくは付け合わせだろう。ひとつ15B也。

f:id:asianight55555:20170216224612j:plain

右上の絵がホッとする。


待つこと5分少々。来ました赤い悪魔。ちょっと食べてしまったけどおいしそうでしょ。

f:id:asianight55555:20170216224928j:plain

量は少なめ、お味のほうは辛さ控えめ若干甘めよりで梅味が濃厚な感じ。うん、おいしいです。
ポジーは血を固めたルアッが少し苦手なのですが、ここのは量も少なく強烈なアピールもないのでするっと食せました。
他の具材もよく煮込まれていて激うまです。

ナムパオと合わせて60B也。


翌々日、手羽先のクイティアオを食べようと、15:30頃に再来店するが、ばってんマーク作って「○#△ バイ サーム モン(บ่ายสามโมง) ■&%」。3時で閉店だよと追い返されてしまった。
どうやら、9時~15時が営業時間の模様。